20151028

ドリーム・オブ・フィールド















ある男たちの、夢の話。












「 子供たちに、芝のグランドで、

    思いっきりサッカーをさせたい 」







そんな夢を描いた一人の男がいた。






彼は、20年近く前に、この島にサッカークラブを創った男だ。


島の子供たちによるサッカーのW杯、愛ランドリーグの第1回大会が神津島で開かれる。


その開催に合わせて、彼は、立ち上がった。


そもそも人口200人にもみたない、小さな島だ。


彼が昔やっていたポジションは、ゴールキーパー。


練習環境や指導者は、皆無と言ってよかった。





彼は、周りの人間をくどいてまわった。


一緒に夢を語れる仲間を探した。


仕事仲間、子供のいる親御さん、役場、そして漁師。


そして、


彼の情熱に、動かされた人たちがいた。


グランドを作り、ゴールを立て、ネットをはり、子供たちが遊べる環境を作った。


親が、先生が、子供たちを熱心に指導し、子供たちはそれに応えた。




第1回大会に出場。


第2回大会では、優勝。


これは奇跡としか言い表せない。


大島から小笠原まで、大小様々な島々。


子供の数だって、文字通りの桁違い。


まさにジャイアントキリングを成した、青ヶ島のレジェンドたち。








「 いつか先生になったらこの島に来て、子供たちにサッカーを教えてくれよ 」




10年前、この島で僕が出会ったのは、そんな熱い男だった。


夕刻になると、どこからともなく原付の音が聞こえてくる。



「 景気良くやろーぜ 」



手にしたレジ袋には、大量の冷えたビール。


「 俺たちは、トモダチだ 」


島に滞在中、ほぼ毎日の日課として、このやりとりは繰り返された。











そして、10年後、縁あって僕はこの島に戻ってくることができた。


そして、彼がもう此処にはいないことを知ることになる。


サッカークラブの子供たちの前で、彼の名前を口にした時の複雑な顔。。







時々、あれは夢だったのかな、とか思う。

夢のような景色の島で暮らした、浮世離れした日々。


全ては夢の中のできごとで、実際はそんなことはなかったのかも。


でも、今でもこの手にある彼の水色の名刺が、


それは夢ではないことを教えてくれる。








八丈島のコーチたちと飲んで語らうと、彼らの話が出てくる。


彼の呼びかけがきっかけとなり、八丈の人たちを動かし、


愛ランドリーグに向けた、八丈、三宅、御蔵、青ヶ島の交流試合が実現したそうだ。


「 そういう人たちを大事にしなきゃだめだぞ 」


ほぼ独学で学び、勝てるチームを作り、栄光を手にした。


そんな青ヶ島のレジェンドを語る、八丈のレジェンドたち。






10年前のこと。島から地元に戻ってからのある日、突然電話がかかってきた。


「 来週行くから、試合しようよ 」


まじで???


僕がコーチをしていたチームに、遠征しにくるという。


約束の日に、半信半疑で待っていると、本当にやってきた。


一緒に練習をした。試合をした。そして、去っていった。


後で聞いたら、その都内への遠征費はすべて自腹だったそうだ。


そして、その必要性を役場に説き、


それから、村の予算で八丈の強化試合に参加できることになった。


その時の僕はあまりにも若く、迂闊だったので、


その重みに気づくことができなかった。







僕が島に戻って来た時には、チームはコーチ不在の状態だった。


ただ、サッカーが好きだということは伝わってきた。


でも、本当の楽しさは知っていない。真剣にはなれていない。そう感じた。


夢の続きを、見たくはないか。


僕は、その熱意に報いなければならない。


まずは、荒れていたグランドの石を拾い、


遺った意思を拾い集めるところからの第一歩。








今、校庭では、クラブや部活で子供たちが思いっきりサッカーを遊んでいる。


でも、それだけではない。


休み時間、放課後、休みの日も、


小学生も中学生も集まり、サッカーを遊んでいる。







いや、正確に言うならば、



この島では、既に、サッカーが文化として根付いていたのだ。


これは大会でのベスト4よりも、よほど価値があり、輝かしいことだ。


僕がしたのは結局、サッカーのおもしろさを、思い出させただけだったのだろう。


仲間と真剣に競い合ったり、暗くなるまでボールを追いかけたり、


彼らは、彼ら自身の手で、その憧れに触れることができたのだ。


そして何よりも、自分自身が、オトナたちが、それぞれの少年時代を取り戻している。






校庭は、担当の先生方が本当に、雨の日も、風の日も、炎天下も頑張ってくださり、


爽やかな芝が、青々と生え揃っている。


フィールドの半分は、サッカーのやりすぎで芝がはげまくっている。


そういうのを含めて、思っ切り運動させてくださる想いに感謝したい。




子供たちは、育ててくれた人たちに敬意をこめてここを


「コクリツ」と、よぶ。




このグランドには、たくさんの人たちの想いがつまっている。


この芝のグランドにかけた、夢。



ドリーム・オブ・フィールド



いつの日か、子供がゼロになるまで、


いや、ゼロになっても、、、その夢は終わらない。















追記。 10月は、僕のトモダチAさんの命日です。


子供たちに還すことが、今は、彼の想いに応えることになると思っている。


そして、先日帰郷したOBが、どうやら遠征メンバーだったらしいことが。


彼は、子供たちの憧れとして、サッカー熱を上げてくれた。


この島には、ちゃんとサッカーが文化として継承されているんだ。


いつか、海を見ながら、酒を酌み交わす日を心待ちにして。








0 件のコメント:

コメントを投稿